【質問】ルミクス脱毛はやけどのリスクってありそうですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ルミクス脱毛といえば痛みがなく施術スピードもはやので女性男性問わず脱毛機の人気が高いですよね。

またローランドさんやヒカルさんも絶賛していることもありますます人気が出ている機種なんですが、一方でやけどというキーワードが気になりました。

おそらくやけどと検索しているかたは過去に脱毛をしてなんらかの肌トラブルがあった方がよく検索しているみたいなので今回はそのことについて調査していみました。

ルミクス脱毛によってやけどへのリスクは極めて低いが100%ではない

ルミクス脱毛はそもそもレーザ治療ではないので高い熱出力で毛根を死滅さえる技術ではないです。

そのため弱い熱エネルギーで毛根を作る部分に直接ダメージを与えていく手法なのでやけどへのリスクは低いです。

とはいえ熱を照射しているのには変わりがないので100%やけどはないか?といえばそうではありません。

素人のかたは全部脱毛機のせいにしてしまいがちですが、もともと肌が敏感肌であったり乾燥肌と肌が炎症するリスクがぐっと上がります。

例えば「白い粉が吹いている状態」「皮膚がガサガサになっている状態」「赤身など炎症が起こっている状態」ですね。

乾燥肌や敏感肌の方は皮膚のバリア機能が低下しているのでルミクス脱毛の弱い熱エネルギーでもやけどや炎症の原因になる可能性があります。

なので本来肌の弱い方は脱毛前に保湿をしておくことでもお肌の水分量があがり肌の炎症を防ぐことができます。

ルミクス脱毛は60~70度程度の低温で行えます。

レーザー脱毛では80度と高温です。

もしルミクス脱毛が怖い方は38度低温脱毛が出来るハイパースキン脱毛がおすすめですね。

よくルミクス脱毛とハイパースキン脱毛の違いについて調べる方が多いのですが一番の違いは温度です。

ハイパースキン脱毛は38度と超低温なのでルミクス脱毛と比較してやけどのリスクはかなり低いかと思います。だって人肌と同じぐらいの体温ですからね。

なので3歳以上なら子供の脱毛も可能なのでやけど不安ならルミクス脱毛よりハイパースキン脱毛をおすすめしたいです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*